フリーベアの能力を100%引き出すために

フリーベアの許容荷重・最大荷重とは?

フリーベアの許容荷重

許容荷重
フリーベアの許容荷重とは、搬送物に SS400 相当の剛体(フリーベアに接触する面は研磨された生材)を使用したとき、始動摩擦抵抗 (μ)が 3/100 以下を維持することが可能なフリーベア単体にかけられる荷重。

最大荷重
フリーベアの最大荷重とは、搬送物に焼き入れ研磨された鋼(SK3、 HRc60 以上)を使用し、移動速度が 4km/h 以下、ワークの位置決め 等移動距離の短いとき始動摩擦抵抗(μ)が 3/100 以下を維持する ことが可能なフリーベア単体にかけられる最大の荷重。

※右図のように搬送物の形状等によって偏荷重が発生する場合があり、このような場合すべて のフリーベアにかかる荷重が許容荷重以下であることが前提となります。

搬送物の重量・大きさを考慮して取り付けピッチを設定してください。

フリーベアの許容荷重

フリーベアの高さにも公差があり、またフリーベア取り付けのテーブル面や、搬送面もフラットとは言えません。そのため取り付けられたフリーベアすべてに均等に荷重がかからず、ある部分だけに偏荷重がかかる可能性があります。この場合には許容荷重以上の荷重がフリーベアにかかり、始動抵抗や寿命に悪影響を与える事になります。

このため、
●切削加工品 =許容荷重×2/3
●プレス成型品 =許容荷重×1/2
程度の荷重になるよう取り付けピッチを決めてください。
ただし、スプリングの入ったフリーベアは、偏荷重を受けたフリーベアが押し下げられ、より多くのフリーベアが接触するように考慮されていますので、この限りではありません。

搬送物の材質にもご注意ください

【表Ⅰ】は、各フリーベアの許容荷重に対する「始動摩擦抵抗(μ)」を当社試験機で測定した結果です。試験機では、ボールとの接触面に、焼き入れ研摩した鋼(SK3、HRC60 以上)を使用しています。

【表Ⅰ】

C-6H C-8H C-12H C-8Y C-12K
試験荷重
(許容荷重)
50kg 80kg 200kg 30kg 60kg
始動摩擦
抵抗(μ)
0.013 0.011 0.012 0.015 0.013

ボールと接触する面の材質による始動抵抗値の違いを測定しました。表Ⅱからも明らかなように、SS 4 0 0はS K 3に比べ2倍以上始動摩擦抵抗(μ)が大きくなり、また同じSS材でも研磨材に比べ黒皮材の方がより大きくなります。したがって、重量物を少しでも軽く動かすためには、搬送物の底面を硬くなめらかなものにしてください。

【表Ⅱ】

▼ C-8H(許容荷重80kg)

材質
SK3HRc60以上接触面研磨 SS400 接触面研磨 SS400 黒皮
荷重 80kg 0.92kg(μ=0.011) 2.02kg(μ=0.025) 2.22kg(μ=0.028)

【表Ⅲ】のように、ボールと接触する面が木材の場合は、一般にμ = 0.09~0.1になり、SS400黒皮材に比べ約3倍強になります。したがって、木材の場合はできるだけ接点を多く取り、荷重を分散させて使用し、さらに軽く搬送するためには搬送物の底面に鉄板を取り付けてご使用ください。

【表Ⅲ】

▼ C-8Y(許容荷重30kg)

材質 木(松材)
荷重 30kg 2.7kg(μ=0.09)

▼ C-12K(許容荷重60kg)

材質 木(松材)
荷重 60kg 5.4kg(μ=0.09)

サイズや重量でお客様のニーズにあわせてご対応いたします。

お気軽にお問い合わせ下さい!

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。ボールベアリング・フリーベアのことなら当社にお任せ下さい!まずはお気軽にお問い合わせください。