フリーベアについて

フリーベアの特徴

① ボールを使用した搬送

ローラーコンベアの場合、直線的にしかワークを動かす事が出来ませんが、ボールを使用するフリーベアなら、360°方向に動かす事が可能です。

ボールを使用した搬送

② 低い始動摩擦抵抗値

フリーベアを使用する事で搬送物にかかる摩擦が「滑り摩擦」から「転がり摩擦」に変わるため、搬送物を軽く動かす事が可能になります。( 始動摩擦抵抗値:重量物を動かす際に、止まっている状態から動き出す時の一番初めの抵抗値を指します。)

低い始動摩擦抵抗値

フリーベアの構造

① 上向き用・下向き用フリーベア

※斜めおよび横向きでのご使用についてはお問い合わせください。

上向き用

上向き用

ボール受けに小ボールが入り、その上に大ボールを乗せボールを回転させます。

下向き用

下向き用

内部に下向き用のボール受けを取りつけることで、小ボールが循環する様に設計されています。

プレス成形品

プレス成形品

ボール受けがプレス成形(金型で圧力をかけ、金属板などから成形する加工法)された製品
⇒ 板材から作る。

切削加工品

切削加工品

ボール受けが切削加工(刃物で材料を削って、形を成形していく加工法)された製品
⇒ 丸棒を削って作る。

② プレス成形品・切削加工品

上記内容より、R面の肉厚がプレス品は薄く、切削品は厚くできています。
※プレス成形品の搬送物単体重量は500kgを超えないようにしてください。

製品のバリエーション

プレス成型品・上向きタイプ

『ボールトランスファー』の代名詞、Yタイプをはじめ、 ゴミ抜け穴付きや防塵タイプ、低床タイプ、偏荷重に対応可能なスプリング内蔵タイプなど様々な環境に対応。
プレス成型品のため、コストも抑えることが可能です。

切削加工品・上向きタイプ

テーパータイプや防塵タイプ、スプリングタイプなど豊富なラインナップ。
取り付け方もボルトタイプやフランジタイプなどから選定が可能。 許容荷重も軽荷重から重荷重まで様々な環境に対応しています。

切削加工品・下向きタイプ

下向き使用に特化した受け皿構造。位置決めやキャスター代わりとして使用可能。防塵タイプ、重荷重対応タイプ、スプリングタイプなど様々な環境に対応可能です。

樹脂成型品

樹脂タイプのため、搬送面に傷をつけにくく、錆の発生しやすい環境での使用に最適。クリーンルームにも対応可能です。(※詳しくは「クリーンルームについて」をご覧ください。)

プレス成型品・ローラータイプ

C-8L、C-8L-5と取付・高さが同寸法のローラータイプ。自由度を規制させたい場合などにおすすめです。下向き・横向きでも使用が可能です。

特注品の設計・開発も承ります

フリーベアではお客様の欲しいものを、欲しい形、欲しいサイズ、欲しい用途に合わせ、完全オーダーメイドでも対応しています。是非お気軽にご相談ください。

スパナ掛け付き
▲ スパナ掛け付き
六角ボルトタイプ
▲ 六角ボルトタイプ
耐熱仕様
▲ 耐熱仕様
その他
▲ その他
使用例
(使用例)
その他
(架台作製例)
特型テーブルの選定方法は、テーブルカタログ選定方法をご参照ください。

サイズや重量でお客様のニーズにあわせてご対応いたします。

お気軽にお問い合わせ下さい!

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。ボールベアリング・フリーベアのことなら当社にお任せ下さい!まずはお気軽にお問い合わせください。